旅行・地域

2008年3月24日 (月)

信州きのこづくし

Pict1478_3 信州菅平高原のきのこ。ペンションのご主人が採ってきたそうです。素人目には、マイタケ、アミタケ辺りまでで、あとは知らないきのこばかり。毒の有り無しなんて全く分かりません。オオツガタケ、タマゴタケ、ハナイグチ、ササクレヒトヨタケ、キンチャヤマイグチ、チチタケ、シロヌメリイグチといったきのこのようです。干した岩魚で出汁をとったきのこ鍋で秋の恵みを満喫しました。
酒は須坂遠藤酒造場の「渓流」でした。菅平も奥の方は、上田でなく、北信州の須坂市になるんだった。話しが進んで、大笹旧街道の山道を須坂の町まで歩いて下ろうということに。でも翌日は朝から雨で中止。残念だけど、ちょっとホッとした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金)

こんにゃく団子  樽平

Pict1805_2こんにゃく団子も各地にあって、旅先で食べればどこもおいしい。北海道の中山峠、山形の山寺、湯殿山、日光明智平など記憶にある。 東京で食べようとすると、ここの味付け、煮込み方が一番という人が多い。  銀座の路地にある樽平の こんにゃく団子。
Pict1807_2酒は「樽平」と「住吉」。
樽平さ呑めば、米沢の風さ流れて、えらぐうめ。 まんず、ニッポン人なら、樽平の杉の香りと蒟蒻団子のマリアージュ だなっし。んだんだっ。
         おしょうしなっし。     08.03.26  

                     
                               

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年4月 2日 (水)

ジャム---上田 飯島商店

Pict1864_8上田駅前 飯島商店のジャム。飯島商店と言えば信州土産の代表「みすゞ飴」が有名だが、ルバーブや、かりんといったものまで素材の味を生かしたジャムも秀逸。「みすず」は、信濃にかかる枕詞「みすず刈る」信濃から来ているとは、信州出身のT君から散々聞かされた。水辺の草か笹らしいが、響きもいいし、美鈴と当てれば見た目も綺麗。金子みすず、みすず書房など高潔なイメージも加わる。
四阿山や根子岳に登った後は、上田で蕎麦を食べ、飯島商店に立ち寄るのがお楽しみコース。一昨年は「もみじ屋」経由、昨年は日経土曜版で取り寄せ蕎麦ランキングトップになった北国街道柳町「おお西」で究極の蕎麦なる発芽蕎麦を食べてから岡崎酒造で「亀齢」を買い込んで、のんびりと城下町の風情を感じながら千曲川に向かって下った。明治大正の面影を残す建物のドアを開け薄暗い店内に入ると、ロビーで黒尽くめのバトラーのようなおじさんが原料の天然果汁をサービスしてくれる。真心込めて作ってます、絶対美味しいはずです、是非食べて下さいという気持ちが伝わってくる。ジャムは四季折々のものが出るようで、これは、Hさんに送っていただいた梅ジャム。その前は、桑の実ジャムをいただいた。
                                         08.04.01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 3日 (木)

島焼酎

Pict1867都下 大島の焼酎。酒の専門家からこれは押さえておけと届けていただいた。個性の強い芳醇な麦焼酎。ワインの田崎さんの六本木のお店に大島の焼酎が置かれていると、田崎スクール卒業生から聞いたので、多分「御神火」だろうと急遽アップ。大島 谷口酒造のご主人が丹精込めて醸しているそうで、一部に“焼酎聖地”と叫ぶ熱狂的ファンもいるようだ。
くさやに合わせて飲んでみたいが実現していない。                                                            08.04.02

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

岩崎醸造 勝沼

Pict1872_2 甲州勝沼の岩崎醸造のワイン。数十年前NHKで、数人のソムリエを呼んできて、いいワイン当てコンテストをやったとき、フランス産数万円ワインをおさえてトップになる快挙をあげたワイン。いち時期、岩崎醸造の一升瓶ワインが当家のハウスワインだったこともある。最近は色々取り混ぜて届けてもらっている。

今日は、同い年で亡くなった友人の内輪の四十九日に白を持ってった。森と林を愛した故人には、山梨の土のPict1877かおりがするような甲斐ノアールがいいと思ったが、赤はまずかろうと白だけ持ってった。でも赤を持ってきた人もあって、結局紅白を供える。最初の二本はちゃんとお供えしてから呑んだけど、三本目からはお供えするのも忘れて呑んでしまった。
S御免。でも早々と逝っちゃうのが悪いんだ。   08.04.06

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月19日 (土)

亀山のたけのこ

Pict1892 いよいよ筍シーズン。
今年の初物は、思いがけず、三重の亀山から届いた筍煮。御すそ分けで頂戴した。併せて、たらの芽も。
亀山は、ひと昔前は、ちょっと町を外れると山、川があり、夏休みの昆虫採集がしっかりできた。コマゴマした川魚を持って帰ったら、オサトおばあさんが砂糖醤油で煮てくれたけど、苦かったな。静かな城下町の角の多い町並みをゆったりとした風が流れていた。
名阪自動車道ができ、シャープが大工場を建てたりで、どんなにか変わってしまったんだろうと思っていたが、まだ筍が採れるんだ。
Google航空写真を見たら、小川は見えなくなっているが、森や林は案外残っているようだ。 
Pict1903関西本線にあって、紀勢本線の起点で、東海道も通っていた城下町となれば、昔からもう少し賑わっていてよかったんでないかと思う。Wikipediaによれば「関西本線奈良亀山間複線電化促進同盟」なるものもあるようで、もう蒸気機関車ではなかろうが、少なくとも亀山から西は、相変わらず余り開けてなさそうだ。大体、「関西本線」なんて、単線で本数も少なかったのに大げさ過ぎる名前を付けたもんだ。昔、京都から草津線で行ったときには、駅前が真っ暗で何にもない柘植で50分くらい待たされた。
いずれにしろ、亀山の風情が残っていてほしい。    08.04.19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月27日 (日)

茅ヶ崎のてっちゃん  

Pict1947 YSさんから「茅ヶ崎のてっちゃん」という本が回ってきた。昭和30年代の中頃に、茅ヶ崎で暮らしていた小学校4、5年の作者とその家族、同居人らの物語。
茅ヶ崎という土地が大事な要素になっている。茅ヶ崎の風や空気まで描いているlocalismの極致のような本。当時の様子、雰囲気もよく現されていて、同じ頃、少年時代を茅ヶ崎で過ごした者として、海辺に流れ着いたガラス瓶の中に半世紀前の手紙を見つけたような気持になった。
特に浜辺の様子は、江ノ島、えぼし岩、富士山の景色の描写を含めて、一々うなずきながら読んだ。
しばらく前から藤沢の鵠沼に住んでいるYSさんには、西浜地区の網元料理など茅ヶ崎の良さを散々宣伝したので、こんな本を見つけて届けて下さったことと思う。嬉しい限り。 08.04.27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

越前岳のこめ桜

Pict1949_2富士南麓、愛鷹山塊で出会ったこめ桜。4月29日1200mレベル。こめ桜、富士桜、豆桜、乙女桜、いずれも同じ種類らしいが、こんなに大きく、しっかり花を咲かせているのは初めて。よく撮れたので、このブログの趣旨から外れるけどアップ。
今度こそ目の前ドーンと富士山を期待して越前に登ったのに、今回も富士山は雲の中だった。 北麓側は、杓子山、二十曲り峠、毛無山、十二が岳、黒岳、御坂山、三つ峠など、色々な所から立派な富士山を見ることに成功しているが、南の富士山周りは、なぜかうまくいかない。 それでも、花見登山はできたし、帰りの裾野市の立寄り温泉のカキ氷と、古民家風の喬仙房の鴨焼きと蕎麦で皆さん大満足の山行となった。  08.05.01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

愛媛みやげ 梅錦飴

Pict2017_2 Mkoの愛媛みやげ。 どれも美味しそう。
梅錦の酒粕で作ったという「酒飴」をなめてみた。甘酒のような味。
上品な味わいが梅錦に通じる。
上智大学のS先生のお宅にT君らとおよばれした際に出してくださった。昭和55年頃だろうか。先生は酒屋の勧めに従って買ったバイキンとかいう酒ですと言っていたが、こんなに旨い日本酒があるのかとT君と随分飲んでしまった記憶がある。
その後、梅錦とは、あれこれ縁があるが、しばらく前、とうとう社長さんにご挨拶する機会まであった。昔から美味しく頂戴していますと申し上げた。     08.05.13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

夏蜜柑  三浦半島

Pict2030 逗子のOnoのおじさん宅の夏蜜柑。 Kcyanが衣笠の病院までお見舞いに行ったとき、いただいてきた。

逗子は、海にしか行ったことがなかったが、昨年、山歩きに行った。逗子から、「三浦アルプス」に登り、横須賀まで、三浦半島横断。アルプスと名付けられているだけあって、山は深く、結構険しいところもあった。 頼朝を援け鎌倉幕府を武力で支えた三浦一族がこうした山々で鍛えていたんだろう。衣笠を中心に、逗子などあちこちに城があったようだ。 一の谷の合戦で、鵯越の断崖を先頭切って駆け下ったのが三浦一族だったそうだ。        08.05.22

| | コメント (0) | トラックバック (0)