関東

2008年4月 3日 (木)

島焼酎

Pict1867都下 大島の焼酎。酒の専門家からこれは押さえておけと届けていただいた。個性の強い芳醇な麦焼酎。ワインの田崎さんの六本木のお店に大島の焼酎が置かれていると、田崎スクール卒業生から聞いたので、多分「御神火」だろうと急遽アップ。大島 谷口酒造のご主人が丹精込めて醸しているそうで、一部に“焼酎聖地”と叫ぶ熱狂的ファンもいるようだ。
くさやに合わせて飲んでみたいが実現していない。                                                            08.04.02

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年4月10日 (木)

トマト親子

Pict1857_3 茂木(栃木県)の道の駅の野菜売場で 不揃いトマトをパックで買ってきたら入っていた2階建てトマト。                                         以上                      

08.04.10 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月27日 (日)

茅ヶ崎のてっちゃん  

Pict1947 YSさんから「茅ヶ崎のてっちゃん」という本が回ってきた。昭和30年代の中頃に、茅ヶ崎で暮らしていた小学校4、5年の作者とその家族、同居人らの物語。
茅ヶ崎という土地が大事な要素になっている。茅ヶ崎の風や空気まで描いているlocalismの極致のような本。当時の様子、雰囲気もよく現されていて、同じ頃、少年時代を茅ヶ崎で過ごした者として、海辺に流れ着いたガラス瓶の中に半世紀前の手紙を見つけたような気持になった。
特に浜辺の様子は、江ノ島、えぼし岩、富士山の景色の描写を含めて、一々うなずきながら読んだ。
しばらく前から藤沢の鵠沼に住んでいるYSさんには、西浜地区の網元料理など茅ヶ崎の良さを散々宣伝したので、こんな本を見つけて届けて下さったことと思う。嬉しい限り。 08.04.27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

越前岳のこめ桜

Pict1949_2富士南麓、愛鷹山塊で出会ったこめ桜。4月29日1200mレベル。こめ桜、富士桜、豆桜、乙女桜、いずれも同じ種類らしいが、こんなに大きく、しっかり花を咲かせているのは初めて。よく撮れたので、このブログの趣旨から外れるけどアップ。
今度こそ目の前ドーンと富士山を期待して越前に登ったのに、今回も富士山は雲の中だった。 北麓側は、杓子山、二十曲り峠、毛無山、十二が岳、黒岳、御坂山、三つ峠など、色々な所から立派な富士山を見ることに成功しているが、南の富士山周りは、なぜかうまくいかない。 それでも、花見登山はできたし、帰りの裾野市の立寄り温泉のカキ氷と、古民家風の喬仙房の鴨焼きと蕎麦で皆さん大満足の山行となった。  08.05.01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

夏蜜柑  三浦半島

Pict2030 逗子のOnoのおじさん宅の夏蜜柑。 Kcyanが衣笠の病院までお見舞いに行ったとき、いただいてきた。

逗子は、海にしか行ったことがなかったが、昨年、山歩きに行った。逗子から、「三浦アルプス」に登り、横須賀まで、三浦半島横断。アルプスと名付けられているだけあって、山は深く、結構険しいところもあった。 頼朝を援け鎌倉幕府を武力で支えた三浦一族がこうした山々で鍛えていたんだろう。衣笠を中心に、逗子などあちこちに城があったようだ。 一の谷の合戦で、鵯越の断崖を先頭切って駆け下ったのが三浦一族だったそうだ。        08.05.22

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 5日 (木)

うど 立川

Pict2075_2東京の立川は、江戸時代からうどの産地で、生産量も日本一だそうだ。
地下に穴蔵(ムロ)を掘って、真っ暗な中で育てる。だから真っ白。武蔵野は、関東ローム層で穴蔵が掘りやすいんだそうだ。水が少なくて田圃にならない武蔵野台地の高めの地域ということもあったんだろう。前に「田無」のあたりで栽培している様子をテレビでやっていた。
立川には、うどラーメン、うどピザ、うどせんべい/あられ/まんじゅう、どら焼き「うどら」なんてのまであるらしい。最近立川に移ったT君が長いのをわざわざ持って来てくれた。
Pict2096_2
うどのサラダ仕立て。山ウドより、しゃきしゃきしているようだ。爽やかな感じで美味い。

Pict2095 生で酢みそ。
うどのカワでキンピラ。

  08.06.05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

ハーブ

Pict2128Pict2134








レモンバーム、レモングラス、クールミント、アップルミント。
松戸市のEさん宅におよばれしたKcyanが、亭主の短気が抑えられるからとお庭から頂戴してきた。
 
Pict2138早速、ハーブティにした。緑色がきれい。味も濃い。 確かにゆったりした気持になる。
    08.06.08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

米線  大連 1

P9lkyavfto0l1ixx0503ks3cwiby011高校の同期のO君が「大連米線」という店を始めたというので、上野御徒町まで行ってきた。中国南方のエスニック麺が大連で進化中とのこと。シェフごと日本に持ち込んだらしい。


あっさりしたものかと思ったら、山椒の実の辛さや唐辛子がしっかり利いたパンチのある麺料理。料理の種類によって、違った辛さと、その裏に押し込まれた旨味を楽しめる。
37oggzx0qrcq0cac1o03ks3kskxl001
唐辛子10本ほどは、さすがに食べる前にシェフが取り除いてくれた。食べちゃった人がいるんだろうか。
Jclkyavfto0l1ixx0503ks3cwiby011
辛味の素の一つだと、出してくれた。爽やかな辛さ。花椒油と思う。 08.09.07

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

イチジクのジャム

Pict2386_2イチジクのジャム。
渋谷のNさんの手作り。あまり地方性はない。
レモンのしっかりした酸味がイチジクの甘さとバランスしている。

08.09.08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

オクラの花

Pict2388 茂木の道の駅で、大きな花のつぼみをぎっしりパックして売っていた。 仏前にでも供えるのかと思ったが、聞いてみると、オクラの花で食用とのこと。 オクラは親が作っていて綺麗な花が咲いていたが、こんな大きいのは見たことないし、食べたりしない。
ネットによると実を食べるオクラとは一寸違った種類らしい。 鰹節と醤油で煮て食べた。花びらにもオクラっぽい粘り気があって乙な味だけど、茹でたり煮たりすると、縮んで色合いも消え、花の面影が全くなくなる。生をそのままサラダ感覚で食べるのが楽しそう。
08.09.14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧