甲信越

2012年5月11日 (金)

山菜   津南

Dscf7366_280x202_280x202kurosanから、中越津南の山菜が届いた。
山ウドとコゴミ。




Dscf7368_300x216
さっそくウドをいただいた。






Dscf7367_280x231


コゴミ。






Dscf7359_300x216



5月6日、突然、バラバラっと音がしたと思ったら、ヒョウだった。 5mmがヒョウとアラレの境目らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月25日 (土)

リンゴジャム

Dscf6784 長野のHsanからリンゴジャムが届いた。
今年も沢山いただいた。
しっかり殺菌、密封されているから、1年でも持つ。だんだんといただくのが楽しみだ。
Prof. Hご家族がお待ちかねだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 5日 (木)

信州ふるさと便   

年末に、長野のHsanから、信州ふるさと便が届いた。
Dscf6437栗の渋皮煮と黒豆。




Dscf6441

田作り。アーモンド、干し葡萄が入っている。



Dscf6440





干し柿








のし餅Dscf6453












Dscf6443
凍み豆腐と一緒に入っていたのは 豆腐と湯葉の伊達巻みたいな物。
けんちん巻という信州物産らしい。





安曇野あたりのお菓子やドレッシング。Dscf6449
年末にNHKの「キッチンが走る」で、安曇野で採れるものは、すべて北アルプスからの恵みだと言って、常念岳を映していた。
Dscf6434 数年前の夏、上高地から常念に登り、大天井、燕岳とわたったことがある。苦労したけれど、前穂、奥穂から槍ヶ岳に至るアルプスの景色が素晴らしかった。去年の五月に高校の同級生が悪天候の中で力尽き凍死した山でもある。 

小布施の栗製品
Dscf6451










須坂の遠藤酒造場の渓流も入れてくださっていた。Dscf6457

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

年越し  越後

Dscf6480 大晦日は、新潟の苗場蕎麦と、それに合わせて、ちょっと下流になるけど、越後三条の「五十嵐川」で年越し。
いずれもkurosanから貰っていたもの。
苗場蕎麦は、歯ざわり、のど越しがいい。
五十嵐川は、越後風の端麗系。
28日からの休みを何もしないで過ごしていたので、今年は紅白、行く年来る年と殆ど見て新年を迎えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月23日 (金)

野沢菜  信州

Dscf6377 Hさん手作りの野沢菜を頂戴した。


少しずついただいている。
いつものように美味しいです。Dscf6375
赤い唐辛子が効いている。
Dscf6412



↓以前頂戴した唐辛子。これと同じ唐辛子が使われているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 9日 (金)

西洋梨ルレクチェ  新潟

Dscf6279 西洋梨は山形のラフランス。と思い込んでいたが、いくつも種類があるらしい、これは、明治時代から新潟で栽培が行われていたルレクチェという洋ナシ。
収穫後40日経って芳香が強まり食べ頃になる。
kプロからkcyanが頂戴した。
明日から、kプロのアレンジで、那須高原での練習ラウンドに行ってくる。
ものすごく寒くて、昨日は雪も降っているってんで、徹底した冬支度を準備しているところ。
晩飯は、福島県の白河まで行くらしい。「都をば」の歌の関所があった所だ。何も残ってないらしいけど、どんな町か楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 6日 (火)

サンふじ  信州篠ノ井

Dscf6253 信州篠ノ井、共和のりんご。長野市のHさんから頂戴した。平林勝三郎さんの作だけど、今年の「サンふじ」はちょっと小さめな感じ。
天候の加減だろうか。Dscf6263

さっそくリンゴ好きの孫がパクついている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 4日 (日)

古式味噌  越後高田

Dscf6247 kurosanのおばさんから上越市の味噌をいただいた。上越市は、高田や直江津が一緒になってできた市だが、謙信の里「越後高田」越後味噌とあるから、高田側なんだろう。
しばらく前にyukicyanからもらった信州伊那の味噌の、味噌くささ、香ばしさ、塩気などのバランスの良さを楽しんできたけど、この古式醸法の越後味噌も楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月30日 (水)

野菜  新潟

Dscf6227 津南の実家の整理に行ったkurosanが、野菜を色々持ってきてくれた。ニンジン。赤くて大きい。オジサンのところのらしい。これを雪下ニンジンにするんだろう。Dscf6225





大根がすごい。これは弥彦の知り合いのところに寄った時にもらってきたとのこと。

Dscf6233 Dscf6232
Dscf6235



苗場山や、信濃川周りの話を次々聞いているうちに、
あとの野菜がどこの産か、忘れてしまった。















弥彦の近く、三条の五十嵐川という酒もいただいた。福顔酒造という酒蔵だ。
Dscf6293






魚沼こしひかりも届けていただいた。この人のじゃなきゃダメという作り手なんだそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

南八ヶ岳   南信

南八ヶ岳に行ってきた。編笠岳から、途中、青年小屋と赤岳頂上小屋に泊まり、権現岳、赤岳と登った。
Dscf5803_2編笠岳からゴロゴロの岩場を下って、もうすぐ青年小屋という所。山小屋の風情をタップリと漂わしている。



Dscf5815
小屋から振り返ってみても、人の歩く所じゃない。






5、6年前、皇太子がこの小屋に泊まって小屋の主人と酒を酌み交わしたという。
最近は、TVで、小屋主人がギターの弾き語りをやり、客と盛り上がっている様子が放映されたそうだ。
Dscf5808 この日も、人懐っこさが売りのyokoさんがお願いしたら、夕食後に特別演奏会を開いてくれた。
←チョモランマ登頂の写真の前で。もうストーブをガンガン炊いている。
フォーク系の歌が素晴らしい。奥さんを口説くために作ったという自作の曲も。ハーモニカと一緒の演奏もある。
皇太子と飲んだという酒を頂戴した。Dscf5809
宮城から取り寄せている「わしが国」という酒。







Dscf5816


雲海の向こうに富士山。今回は、台風が通り過ぎた後だったからか、北岳、甲斐駒、千丈ヶ岳などの南アルプス、御岳、乗鞍、穂高、槍、鹿島槍、白馬あたりまで、北信五岳もくっきりと見えた。

Dscf5827 権現岳と富士山。先っちょまで行っている人がいる。怖くないんだろうか。見てるだけでムズムズしてくる。


Dscf5831



赤岳の岩峰。どうやって、これに登るのっ?て思うけど正面にへばりついて登っている人が見える。行くっきゃないか。Dscf5836


頂上の真下の岩場。もうひと頑張りという所。


無事に1年ぶりの大型山行を終えて、茅野駅前の蕎麦屋で打上げ。酒は「ダイヤ菊」「高天」「真澄」の順で品書きに載っていたので「ダイヤ菊」を注文。yokoさんが旨いと言う。主人にどうして「ダイヤ菊」を一番目に書いてあるのか尋ねたら、茅野の酒だからとのこと。「高天」(たかてん)は岡谷で、最近はそっちの方が好まれると、ちょっと悔しそうな感じ。折角だから「ダイヤ菊」を買って帰ろうかと思ったけど、リュック担いででは厄介なのであきらめた。
HPによれば、地元の水と米にこだわって作られている良いお酒のようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧