北陸・山陰

2008年3月22日 (土)

能登の鯵とメジナ  ブログ開設

日本のいろんな所から、地元の特産品、名物、さらには手作りのお料理を頂戴することが増えましたが、夫婦二人で有り難く戴いてしまうだけでは、申し訳ないと思ってました。遅ればせながら、その備忘のためにもと思ってブログを立ち上げました。地方の風物なども、忘れないように記録していきたいと思います。 Pict1630

能登から直送された鯵とメジナ。鯵は魚屋に卸せるほどありました。

鯵は刺身と南蛮漬け、メジナは塩焼きとオリーブオイルソティーで戴きました。Pict1631_2Pict1635_4 Zさん有り難うございました。Kcyanご苦労さんでした。

(19年12月)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

能登のさざえ

横浜の光明寺で御法事。鎌倉光明寺に住んでたことのあるtomocoさんを乗せて、鎌倉アカデミアの話しをしながら行った。 精進落しで、お酒の専門家に、なぜ最近静岡の酒が旨いのか?と伺った。米や水なんてところが素人が想像した答えだったんだが、色々な要素があり、酒造場によっても違うとされながら、静岡酵母と能登杜氏ということもあると言われた。酵母は専門的過ぎるんで、ウンチクの種になりそうな能登の方の話をひとしきり伺ってきた。Pict2206_3
で、サザエ。
帰りの車に、Zさんから,能登のサザエが直送されてきたので、取りに来ないかとの電話。 ちょうど近くを通るところ。
言霊が呼び込んだ幸運か。さっそく頂戴してきた。↑生きてる。Pict2219_2

さしみと壷焼き


  08.07.05

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月27日 (月)

能登の いか、たこ、魚

今晩は、ちゃんこだというんで楽しみにして行ったけど、コラーゲン鍋から胡麻坦々鍋やらもある若向きのモダンなお店で下町のローカル感は全くなし。もっとも日本酒は、洞爺湖サミット晩餐会の乾杯酒になった生もと造りの「大七」と、同じく福島の廣木酒造の「飛露喜」があって飲み比べできた。酔っ払って帰ってきたら、さばき屋Kcyanが、台所で嬉々として、あおりいか、たこ、カワハギ、イナダのさばきを終えたところだった。Zさんが能登から持って帰ってきてくれたらしい。Photo_8Photo_6








 
Photo_2

Pict2520おろしたカワハギとイナダ
Photo_4←カワ剥ぎの前と後
Photo_5←蛸飯。蛸が甘くて柔らかい。

Photo_7

←茹で蛸。

08.10.27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

能登のイナダ、メジナ、小鯵

能登の魚が着くとのZさんから電話を受けて、Kcyanが頂戴してきた。能登半島の七尾湾に面した穴水の港で揚がったイナダとメジナ、小鯵も。穴水から能登空港が近いので、朝採れた魚が夕方つくらしい。
Pict2666さっそく「さばき屋」開始。
←イナダの刺身。長野のHさんから来た青首大根のツマで。





このブログ立ち上げのキッカケになったのが、能登の魚。毎度、生きがいい。Pict2659











Pict2676
小鯵の南蛮漬け

Pict2673 ←メジナの塩焼き08.12.11
書き上げたところで、KuroさんからKcyanにメール。秋田からハタハタが届いたけど要る?とのこと。 明日は、Akariの幼稚園の迎えなど忙しいんだけど、と言いながら、結局、頂きに行きますと回答。 Aka-Nagi 用の煮付けになるみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

井荻の元旦 

Pict2909 井荻での元旦。Y家の子、孫、ひ孫までが集まった。
Gcyanが届けてくれた能登の酒を楽しませてもらった。



Pict2921_2


Pict2863_3 酒粕は濃厚な甘酒になった。

09.01.04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

花御所柿  因幡

Pict2841_2 鳥取因幡地方でのみ栽培される柿で日本一の甘柿だそうだ。箱に「こおげ」とかいてあるんで何のことだろうかと思ったが、地図を見ていて因美線に「郡家」という駅があるのを見つけた。これを「こうげ」と読むらしいとこがやっと分かった。郡家を含む八頭郡八頭町でほとんど生産されるらしい。
昨年12月にTさんが美味しいよと贈って下さったのだが、ブログに載せるのが遅れてしまった。食べ頃がかなり遅いようで12月一杯、楽しめた。熟しても実がしっかりしているし、確かに、甘柿としての美味さは群を抜いている。
Tさんは、各地の美味いものに通じていて、時々贈って下さる。山行でも、毎月Tさんに計画を立ててもらって世話になったいるのに申し訳ない。 
09.01.10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

松藻  能登穴水

Pict3061 マツモ。北日本の岩礁で採れる海草。寒い時期のものが柔らかくて香りもいいらしい。シケや吹雪の合間のナギの日でないと採りに行けないらしい。
Zushoさんから、能登の漁師のおじさんに頼んであると話があったのがしばらく前のこと。とうとう採れたらしく、突然ドンと届いた。Pict3051_2
←これが1袋分で6袋も。
細い針のような葉が付いている。ぬるぬるしていて磯の香りが強い。牡蠣のような匂い。
Kcyanが思いついて、日吉までひとっ走り、Mさんに持ってったら、見た途端、「ギバサ!!」と大喜び。秋田では、ご飯に乗せて食べるとのこと。マツモとかギバサとか知らない名前が次々出てきてややっこしいが、ネットで調べたところでは、別物らしい。マツモは三陸など太平洋側の名物、ギバサは秋田・山形の名物。それぞれ「海の七草」の一つらしい。 
酢物、味噌汁、白魚と合わせた蒸し物などでいただいている。 09.02.18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

さざえ  能登

Pict3786 久し振りにZushoさんからKcyanに電話。能登から蛸が届いたけどいかがですかとのこと。蛸はもちろん頂戴してきた。併せて、サザエも。
何もせず焼いただけで食べた。ほんのりとした磯味がうまかった。
先の方が深緑色のと、クリーム色のとがあって気になったが、ウィキペディアによれば、深緑色が雌、クリーム色が雄とのこと。

蛸は、相当食べでがあるでかさなので、調理写真を徐々に貯めてから載せたい。
09.07.09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

たこ  能登

Pict3792 Zushoさんから到来の能登の蛸。かなりでかい。Pict3799
Pict3789 取り合えず、蛸飯と酢の物で残りは冷凍。
調理された写真が揃ったら載せようと思っていたけど、突然、別口で海産物が届いたので、急遽、蛸の現物をアップ。
09.07.14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

鯵、蛸   能登

Dscf0382 能登から魚が届くので、取りに来てとZさんから電話。Dscf0383
Dscf0381七尾湾のあじ、カワハギ、蛸など。上等なのは和倉温泉に出しちゃうとのことだが、能登の魚の航空便なんて贅沢なもんだ。喜んで頂戴してきた。

ブログをひっくり返したら、何回か能登の海産物を頂戴しているが、最初は2007年12月で、それがキッカケでこのブログが始まっている。
Dscf0390早速、Kcyanが下ろし屋の本領発揮。

Dscf0385大量の小鯵には手間がかかったらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)